スポットライトっていいな♪

皆さんお久しぶりです。
渡邊です。

今回紹介するのは、スポットライトです!
弊社で取り扱っているスポットライトは1台でいろんな色を出せる優れものです!
白・黄色・青・赤・紫など!

色彩の効果ってすごくて、あったかい感じ、冷たい感じ、激しい感じなどスポットライトの色合いだけで表現できるんです。
そういう意味ではこのスポットライトはライトの主役なのかもしれないですね!!

こんな形で照明の効果を出せます。

スポットライトはスタンドでつけたり、クランプなどを使えばトラスなどの器具に取り付けることもできます。
こちらのスポットライトはスタンドに取り付けて使っているところですね!

ボタン一つで色を変えられる上に、調光絞りでカンデラを調整できます!
さらに、なんと なんと フラッシュの機能もついています!
一度お試しあれ!

今回はスポットライトの紹介でした!

次はステージには欠かせないあの照明器具!!!

お楽しみに!

光量の基準ってなに?

皆さんこんにちは!

前回イベントで使える照明を紹介していくといった矢先に全然違う話をする渡邊です!
なぜいきなり光量の話をするかというと!

僕もお客様と話す中で、
「これってどれくらい(どの範囲)まで照らせますか?」「結構暗い部屋なんですけど、大丈夫ですかね?」といった声をちらほらきくからなんです。
イベントを夜間行ったり、展示品を照らすのに明るさってとても大切ですよね!

明るすぎてもだめ・暗すぎてもだめ
そもそも照明の強さなんて人の感覚だしつけてみないとわからんやろ!!って気持ちもわかります。

そんな照明の明るさにも実は基準になる単位があるんです!
それは…
1 光束を表す【lm:ルーメン】
  →1秒間で放射されるエネルギーを視感度で測ったものです
   光源から放射される全方向の明るさを全光束というので、光源の多くはこのルーメンを基準に明るさを記載しています!

2 光度を表す【cd:カンデラ】
  →とある方向への単位立方体角あたりの光の量を指します。
   光が四方に放出されてもどこにいるかで光の強さって変わりますよね! 
   特に、指向性のある光源は光軸(光の軸の中心を結んだラインのこと)方向の光度を記載しています!

3 輝度を表す【cd/㎡:カンデラ/平方メートル】
  →光源面からのある方向への光度をその方向への見かけ上の面積で割った数字です…
   簡単に言うと。壁に向けて懐中電灯を当てた時、壁の面の明るくなってる面積がどれだけ明るいかってことです!
   ちなみに明るすぎると深いなまぶしさ(グレア)になるみたいです

4 照度を表す【lx:ルクス】
  →面積あたりに入射される光量です!
   簡単に言うと壁にむけて懐中電灯を向けたとき、壁に当たるまでの光の導線みたいなイメージです!(全然簡単じゃないですね)

とまあ光量の単位だけでも4種類もあるんです!

ちなみに光に色ってあるじゃないですか!
あれにも単位があって【K:ケルビン】っていうらしいです
 →ケルビンの話は次回にでもということで…

…まぁ、いきなり単位がめっちゃでてきて理系感満載のブログになってきましたね…

結局イベントで照明使うときどれを参考にすればいいのかわからない!
っていわれてしまいそうです

結局のところ僕が言えるのは、使用の用途によって参考にする単位を決めてくださいってことですね!
 つまり…
 「会場全体を明るくしたい!」「とにかく全体を明るくしたい!」という場合には。【ルーメン】を基準にしてください!
 「集中した明かりがほしいです!」「展示会でピンポイントに作品を照らす明かりがほしい!」という場合には【カンデラ】【カンデラ/平方メートル】の強さで照明を選んでください!
 「プロジェクターの光みたいに範囲がくっきり分かれる明かりがほしい!」というこだわりがあるなら、【ルクス】の大きさで照明を選んでください!

とまあこんな感じで単位を知っていれば照明を選ぶときに困らなくなるのです!
単位を知って実際の明るさを知れば、「〇〇ルーメンの光源〇灯の照明〇台頂戴!」なんてツウな依頼もできますね!!

イベントを演出する大切な照明だからこそ、届いてから「思ってたのと違う…」なんてことがないようにしていきたいですね!

 

照明のブログ始めました!

皆さんこんにちは!

今回から照明のブログを書かせてもらう渡邊です!

皆さん普段生活をする上で最も利用が多いが照明ではないでしょうか。
仕事が終わって。部活が終わって。誰もいない一人暮らしの家に帰宅して。
一番最初に手に触れるのが照明の電源ではないでしょうか!!

いつも僕たちを温かく・明るく照らしてくれるそんな照明をメインにこれから紹介をしていきたいと思います!

照明って言っても家で使うものからおしゃれな雰囲気を作る間接照明・工事現場で使うような光量の強いものまでたくさんありますよね…

僕たちはイベント屋さんなので、イベントで使える照明をどんどん紹介していきたいと思います!

よろしくお願いします!!